寝違え.com

【寝違えに効くツボ】 「風池」のツボ

「風池」というツボ、名前を知らない人も多いと思いますが、ほとんどの人、特に男性であれば、このツボのマッサージを受けたことがあると思います。散髪屋さんに行くと、散髪後に首の後ろをマッサージしてくれる時がありますよね。首の後ろの筋が通っている部分、髪の毛の生え際よりも少しだけ「上」にある部分です。気持ち良いですよね。思わず目を閉じてウットリしてしまいます。じつは、ここが「風池」なんですよ。知らず知らずにマッサージを受けていましたが、このツボも「寝違えに効果がある」とされているんですね。

まずは、「風池」をピンポイントに1〜2分程度軽く押してやりましょう。あるいは、指を風池に当てて、グルグルと回すような感じで刺激しても構いません。「おっ!ちょっと首が楽になったな!」と感じたら、今度は「風池」から肩にかけてゆっくりと指をなぞります。肩のほぼ中央にある「肩井」にかけて、ゆっくりと押しながら指をなぞるんですね。これを数回繰り返すだけで、かなり首が軽くなると思いますよ。

また、それでも首の痛みが取れないようなら、「合谷」も刺激してみましょう。合谷は、皆さんもご存知のように「親指」と「人差し指」の間にあるツボです。「頭痛」や「歯痛」にも効果がありますし、数あるツボの中でも「即効性のあるツボ」として有名です。ここをもう片方の手の親指と人差し指で「つまむ」ように刺激を与えると、手全体にジンワリとした痛みが走りますが、「気持ち良い程度の痛み」を感じる強さで1分程度マッサージします。

大切なのは、1つのツボだけに刺激を与えるのではなく、「複数のツボを刺激する」ということです。寝違えの首の痛みは、1ヶ所のツボだけでは効果がない時があるんですね。したがって、痛みを和らげるツボをいくつか刺激して、少しでも首のダメージを解消しておきましょう。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 寝違え.com All Rights Reserved.