寝違え.com

【寝違えに効くツボ】 「合谷」のツボ

寝違えに効果がある「ツボ」をご存知ですか?「ツボ」は、その仕組みや効果に関して、医学的にはまだハッキリと解明されていないものの、その効果は本物であり、昔から様々な治療にツボを用いてきました。しかも、やり方さえ覚えてしまえば、民間療法として家庭でも簡単に出来ますし、薬を飲むわけではないため、副作用の心配もありません。そこで、まずは寝違え対策として「合谷」というツボを紹介しましょう。

合谷は、「親指」と「人差し指」の「間」にあるツボです。数あるツボの中でも最も有名なものではないでしょうか?親指と人差し指を大きく開いて、もう片方の手の親指と人差し指でグイッと「つまんで」みましょう。すると、「ピリピリした痛み」を感じると思うのですが、ここが「合谷」です。合谷は、寝違えに効果があるだけでなく、数あるツボの中でも「万能」とされており、「疲労回復」や「頭痛」、「歯痛」などにも効果があるとされています。

両手の合谷を、「グイグイ」とつまんで刺激してやるのですが、大切なのは「強くしすぎない」ということです。どんなに効果があるツボでも、必要以上に力を加えてしまうと逆効果です。したがって、「ピリピリと痛いが、我慢は十分にできる」という程度に抑えておきましょう。

とくに、寝違えによる「頭痛」がひどい場合は、この合谷のツボは威力を発揮します。寝違えでなくても、合谷は頭痛にきくツボとして有名ですので、ゆっくりと2〜3分ほど、両手の合谷をモミモミしておきましょう。

また合谷は、「風邪」をひいたときにも絶大な効果を発揮しますね、鍼灸院に行っても、合谷に針を打つことで、「のどの痛みがスッカリとれた」という効果があるんですよ。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 寝違え.com All Rights Reserved.