寝違え.com

【寝違えの治療法と解消法】 アイシングで冷やす

実際に寝違えになってしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?下手に対処をすると、逆に症状が悪化してしまうこともありますので、ここでぜひ効果的な対処法を勉強しておきましょう。

寝違えは、頚部の炎症によって痛みを伴います。つまり、炎症を和らげてやれば、自然と痛みも解消されるということです。症状が軽い場合は、基本的には「アイシング」で治療を行います。つまり、痛みを感じる部分を「冷やす」ということですね。しかし、「冷やしすぎ」はいけませんよ。ご自宅の氷で冷やしても良いのですが、出来れば「シップ」を貼っておきましょう。薬局に行って、「寝違えに効果的なシップをください」と、薬剤師の方にきいておきましょう。適切なものを出してくれるはずですよ。

また、お風呂上がりには「濡らしたタオル」などで首に溜まった「荒熱」を取っておきましょう。寝違えになったとしても、お風呂には入ると思います。また、冷やすだけでなく、少しの熱を入れて「血行を促す」ということも大切であるため、「冷やす必要があるからお風呂には入らない!」というのは止めておきましょう(臭くなりますしね…)。

ただし、お風呂から上がって、「いつまでも首に熱が溜まっている」というのは考えものです。首は熱が溜まりやすい場所であるため、下手をすれば炎症が悪化する可能性があります。だからこそ、お風呂上がりの「荒熱」だけは取っておく必要があるのです。

また、天気の良い日に外を歩いていると、首が熱を持ち始めます。夏場の暑い時期などはなおさらですね。この時も、屋内に戻ったらさっそく首の熱を取っておきましょう。冷やしすぎる必要はありませんが、荒熱を取るだけでも、その後の回復状況に大きな違いが出るんですね。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 寝違え.com All Rights Reserved.